家族心理.com 気になるNEWS
家族心理.comに関連して家族や育児など気になるニュースを掲載してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自殺者:10年連続で3万人台 高齢者と30歳代増加

自殺者:10年連続で3万人台 高齢者と30歳代増加
(毎日新聞 2008年6月19日)

 07年の全国の自殺者は3万3093人で、10年連続で3万人を超えたことが警察庁のまとめで分かった。前年比938人(2.9%)の増で、03年(3万4427人)に次いで多く、依然歯止めがかかっていない。年代別の対前年増加率は、60歳以上の高齢者(1万2107人)が8.9%と最も高く、次いで30代(4767人)の6.0%の順だった。両世代は統計を取り始めた78年以降、人数も最多だった。

 60歳以上と30代以外の自殺者は、多い順に▽50代7046人(前年比2.8%減)▽40代5096人(1.8%増)▽20代3309人(同2.5%減)▽19歳以下548人(同12.0%減)。19歳以下では、未就学児童はゼロだったが、小学生8人、中学生51人、高校生215人が含まれている。

 原因・動機については、昨年、遺書などから特定できた場合のみ計54の選択肢の中から三つまで複数計上する方式に改めた。特定した2万3209人のうち、最も多いのは「病気の悩み(うつ病)」(6060人)で、次が「身体の病気の悩み」(5240人)と、健康問題を苦にしての自殺が多い。昨年から選択肢に盛り込んだ「いじめ自殺」は19歳以下で10人。

 60歳以上で原因を特定できた8451人では、「身体の病気の悩み」3644人、うつ病2070人に次いで▽生活苦371人▽多重債務366人▽介護・看病疲れ153人など高齢社会の課題も浮き彫りになった。

 30代で特定できた3366人では、うつ病996人、「病気の悩み(統合失調症)」346人のほか▽多重債務341人▽仕事疲れ171人▽職場の人間関係144人が目立った。

 都道府県別(発生地)では▽東京都3047人(前年比14.3%増)▽大阪府2241人(同14.8%増)など都市部で増加した。【遠山和彦】

 自殺問題に取り組むNPO法人「自殺対策支援センター ライフリンク」の清水康之代表の話 増加している60歳以上と30代のいずれも仕事がらみの問題がきっかけとなる自殺が目立つと実感している。60歳以上であれば仕事に就けない不安、「就職氷河期」を経験した30代は職場での過労の問題などを抱えている。うつ病による自殺が目立つが、なぜうつになるかを解明し、対策を講じていくことが必要だ。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/19(木) 13:36:03|
  2. こころ
  3. | トラックバック:0

葉酸不足、うつ招く?・野菜少ない食生活影響、東大など調査

葉酸不足、うつ招く?・野菜少ない食生活影響、東大など調査
2007年11月17日 日経WOMAN
http://woman.nikkei.co.jp/life/news/article.aspx?id=20071119ax008l1

葉酸不足、うつ招く?・野菜少ない食生活影響、東大など調査
 野菜や果物などに含まれる葉酸の摂取量が少ないほど、うつ症状の人が多い傾向にあることを、村上健太郎東京大医学部助教と溝上哲也国立国際医療センター研究所部長らが調査で見つけた。

 日常の食事が精神的な健康にかかわっていることを示す研究。関連は欧米では報告されていたが、日本人のデータは初めてという。国際栄養学雑誌に近く発表する。

 研究グループは昨年、福岡県の20代から60代の517人(男性309人、女性208人)に、過去1カ月間に食べたものを詳しく聞き、各栄養成分の摂取量を算出した。同時に別の質問でうつ症状があるかどうかを調べ、摂取した各栄養素との関連を探った。

 その結果、葉酸の摂取が少ない人ほどうつ症状の割合が高かった。摂取が多い人では、少ない人よりうつ症状が半減していた。この傾向は女性でもうかがえたが、男性でよりはっきりしていた。

 年齢や肥満、喫煙、飲酒、結婚しているかどうか、ストレスなどの影響を除いて解析した結果で、葉酸そのものがうつ症状を減らしている可能性が高いという。〔共同〕 (21:01)
[11月17日/NIKKEI NET]



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/11/25(日) 01:10:23|
  2. こころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交代勤務者の抑鬱、日勤者の3・3倍

交代勤務者の抑鬱、日勤者の3・3倍
3月17日8時1分配信 産経新聞

夜勤がある交代勤務者は日勤だけの人に比べ、不眠や抑鬱(よくうつ)のリスクが高まることが、久留米大医学部の内村直尚助教授(精神神経科)が16日発表した「働く世代の睡眠実態調査」で分かった。内村助教授は「事故や自殺、生活習慣病につながる不眠・抑鬱を減らすには、適切な睡眠時間の管理が重要」としている。

 調査は首都圏の35~59歳の勤労者9025人を対象に昨年12月に実施し、5997人から回答を得た。

 不眠経験は、交代勤務がある人の42・9%に及び、日勤だけの人(27・2%)の1・6倍。抑鬱症状は、交代勤務がある人の14・7%にあり、日勤だけの人(4・4%)の3・3倍にのぼった。

 平日と休日の起床時間の差が大きいほど、不眠、抑鬱の人が多く、差が3時間以上の人は、2時間未満の人に比べ、抑鬱症状で1・4倍、不眠で1・3倍多かった。

 平日の睡眠時間が短いほど不眠・抑鬱の発現率が高く、睡眠時間7~8時間でもっとも低かった。睡眠4~5時間の人は7~8時間の人に比べ、不眠は約2倍、抑鬱は約5倍にのぼった。

 内村助教授は「質の良い睡眠をとらせることは生活習慣病を抑え、勤務中の生産性をあげ、ひいては企業や社会の利益になる」と指摘している。




最終更新:3月17日8時1分



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/03/17(土) 00:12:31|
  2. こころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「休日に寝だめ」は逆効果=平日差大きいほど不眠、抑うつ-働く人の睡眠調査

「休日に寝だめ」は逆効果=平日差大きいほど不眠、抑うつ-働く人の睡眠調査
3月17日6時31分配信 時事通信

普段の寝不足、休日に補えません-。休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いことが17日、働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった。平日の睡眠時間の短さは、抑うつと強く関連していた。
 同助教授は「時間が不規則だと熟睡感が得られない。良い睡眠のためにはできるだけいつも同じ時間に起きることが重要」としている。
 調査は昨年12月、首都圏の35~59歳の勤労者約9000人を対象にインターネットで実施、約6000人から有効回答を得た。
 それによると、平均睡眠時間は平日6.1時間、休日7.3時間。休日の起床時間が平日より2時間未満遅い人が不眠を自覚する割合は25.9%なのに対し、2~3時間で29.4%、3時間以上で33.3%と、平日との差が大きいほど不眠の人が多かった。
 抑うつ経験も、2時間未満4.3%、2~3時間5.2%、3時間以上6.2%となった。 




最終更新:3月17日7時1分



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/03/17(土) 00:10:05|
  2. こころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心の健康と従業員支援プログラム

心の健康と従業員支援プログラム
2007年3月16日 読売新聞
http://job.yomiuri.co.jp/library/column/li_co_07031601.cfm

昨年、財団法人社会経済生産性本部の実施した「『メンタルヘルス(心の健康)の取り組み』に関する企業アンケート」※によると、6割を超える企業で「心の病」が増加しているとの報告がなされました。

 調査によると、「心の病」を抱えているのは、企業の中心である30歳代に集中しています。

 職場における「心の病」の増加を受け、厚生労働省も「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針(2000年)」など民間企業が、従業員の心の健康への配慮を行う義務に関する指摘を始めています。

 このような背景があり、前述の調査でもおよそ6割の企業が、メンタルヘルス対策に力を入れていると回答しています。

 中でも増えてきているのが、外部EAP(従業員支援プログラム)と呼ばれる、従業員のメンタルヘルスサポートを提供するサービス企業です。

 この外部EAP提供企業では、心理テストによるストレスチェックや、対面や電話によるカウンセリングサービス、各種メンタルヘルス研修などのサービスを一括して、顧客の企業に提供しています。

 しかし既存のいわゆるEAPと呼ばれるサービスは、依頼者である人事部の視点に基づいて設計されていることが多く、本来の主役である利用者にとって最適なサービスであるかどうか、疑問が残ります。

 カウンセリングを受ける、心の病かどうか知りたいという気持ちは、極めて個人的なものです。にもかかわらず、名前と部署を登録しないとサービスが受けられないなど、利用者への配慮を欠く企業が多く、「もしカウンセリングを受けた事が人事に知れたら、出世がなくなる」などという、根拠の無いうわさのために、せっかくのサービスが十分に活用されていない現状があります。

 メンタルヘルスサポートが多くの企業で求められている昨今、利用者である従業員にとって最適であり、また依頼者である企業にとっても意味のあるサービスが必要とされています。


※アンケートは( http://www.jpc-sed.or.jp/contents/whatsnew-20060728-1.html )まで。

(2007年3月16日 読売新聞)



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/03/16(金) 00:19:24|
  2. こころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自衛官、心の病深刻 17年度 休職235人、対応に苦慮

自衛官、心の病深刻 17年度 休職235人、対応に苦慮
2007年 3月8日 (木) 03:13 産経新聞
http://health.goo.ne.jp/news/m20070308027.html

鬱病(うつびょう)などの心の病で休職する自衛隊員が平成17年度は235人に上ったことが7日、防衛省の調査で分かった。心の病による休職者は年々増加傾向にあり、同省は「使命感や階級社会に基づく心の葛藤(かっとう)などが背景にある」とみているが、効果的な対処法がみつからず、対応に苦慮している。


 防衛省内局によれば、鬱病、自律神経失調症、統合失調症などの感情障害、精神的障害による休職者数は平成14年度(123人)から増加。17年度は陸上自衛官120人、海上自衛官31人、航空自衛官24人、事務官60人-の計235人に上った。陸海空の比率は隊員総数にほぼ比例しており、組織別による特徴はみられなかった。


 同省人事教育局は「人事院の統計では他省庁でも同様の休職者が増えており、防衛省が特に多いわけではない」としているが、国防に従事する自衛官だけに懸念は広がる。増加の原因についても「個人の問題で正直分からない」(同局)のが現状で、防衛省が対応に苦慮している実態も浮かび上がる。


 陸自は、「心の問題」を抱える隊員の相談相手となるカウンセラーの教育を受けた隊員を各駐屯地に2人、各中隊レベルに1人ずつ配置。全国5カ所の方面総監部には専門教育を受けた心理幹部(1佐)を置いている。空自も岐阜病院精神保健部でカウンセリングの専門要員を養成する「精神保健担当官等講習」を実施、講習修了者が各部隊でカウンセリングを実施している。


 防衛省はこうした各組織が実施している対策をより効果的、組織的なものにする検討に入った。



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/03/08(木) 00:13:59|
  2. こころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「心のケア」必要 なお小中学生1150人

「心のケア」必要 なお小中学生1150人…中越地震復旧状況
(2005年10月19日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20051019ur01.htm

新潟県が18日に発表した中越地震の復旧状況などのまとめによると、発生から1年近く経過する中で被災地で心のケアのカウンセリングが必要な小中学生が1150人に上ることがわかった。

 県などが9月に実施した被災地の小中学生約7万2000人と家族へのアンケートによるもので、カウンセリングは9月から始まり、11月まで行われる。

 仮設住宅に入居する約2900世帯へのアンケート(回答約2100世帯)では、約6割の約1300世帯が住宅の修繕や再建を予定し、2割強の約500世帯が子供との同居や公営住宅への入居を希望した。しかし、2割弱の約300世帯は再建方法が決まっていないと回答した。

 地震による解雇者は898人のうち620人が再就職した。道路の通行止めは47か所ある。

(2005年10月19日 読売新聞)





  1. 2005/10/20(木) 18:25:04|
  2. こころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。