家族心理.com 気になるNEWS
家族心理.comに関連して家族や育児など気になるニュースを掲載してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「心のケア」必要 なお小中学生1150人

「心のケア」必要 なお小中学生1150人…中越地震復旧状況
(2005年10月19日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20051019ur01.htm

新潟県が18日に発表した中越地震の復旧状況などのまとめによると、発生から1年近く経過する中で被災地で心のケアのカウンセリングが必要な小中学生が1150人に上ることがわかった。

 県などが9月に実施した被災地の小中学生約7万2000人と家族へのアンケートによるもので、カウンセリングは9月から始まり、11月まで行われる。

 仮設住宅に入居する約2900世帯へのアンケート(回答約2100世帯)では、約6割の約1300世帯が住宅の修繕や再建を予定し、2割強の約500世帯が子供との同居や公営住宅への入居を希望した。しかし、2割弱の約300世帯は再建方法が決まっていないと回答した。

 地震による解雇者は898人のうち620人が再就職した。道路の通行止めは47か所ある。

(2005年10月19日 読売新聞)





スポンサーサイト
  1. 2005/10/20(木) 18:25:04|
  2. こころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ココがヘンだよ少子化対策!】 

【ココがヘンだよ少子化対策!】 出産退職は8500万円の損!?
掲載日:2003年11月06日 All About
http://allabout.co.jp/finance/ikujimoney/closeup/CU20031106A/index.htm?FM=cukj&GS=ikujimoney

子供を1人育て上げるのに3000万円かかる、というコラムに「ますます子供を産みたくなくなる」という悲痛な声が寄せられましたが、今度は8500万円。しかも、2003年度の経済財政白書の指摘です。
参照 ・経済財政白書
 ・子供を育て上げるのに3000万円!?
 ・「子供費」データに飲まれるな!

白書は女性が出産・育児で仕事をいったんやめなくてはいけない現状や、子供にかかるコストが増えていることが問題だ、と指摘しています。




  1. 2005/10/20(木) 18:22:49|
  2. 子育て・教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子ども生活実態基本調査

第1回子ども生活実態基本調査
Benesse教育研究開発センター
http://benesse.jp/berd/center/open/report/kodomoseikatu_data/2005/

【概要】
小学4年生から高校2年生までを対象に、毎日の生活の様子、親や友だちとの関係、学習行動などについてアンケート調査を実施し、子どもたちの生活全般の意識や実態を分析しています。8学年を通してほぼ同じ内容で質問をしており、学年による違いや成長の過程を知ることができるのも大きな特徴です。

【調査時期】
2004年11月~12月





  1. 2005/10/20(木) 18:09:24|
  2. 子ども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

近ごろのチビッ子は…早寝早起き型

近ごろのチビッ子は…早寝早起き型
(2005年10月6日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/mixnews/20051006ok02.htm

「早寝早起き」「公園や砂場での外遊び」など、望ましい生活習慣を身につけた乳幼児が増えていることが分かった。

 通信教育大手「ベネッセコーポレーション」の調査研究機関「ベネッセ教育研究開発センター」が、5日発表した。

 同センターは今年3月、首都圏に住み、6歳までの乳幼児を持つ保護者2980人にアンケートを実施。1995、2000年のアンケート結果と比較した。

 調査によると、平日に午後10時以降に就寝する乳幼児の割合は28・5%で、95年の32・1%、00年の39%より減少。一方、午前7時以前に起床する割合は43・4%で、95年の33%、00年の37・3%から年々増加するなど、「早寝早起き」の乳幼児が増えている。

 また、「子供がテレビゲームでよく遊んでいる」と回答した保護者は、95年は24・2%だったが、00年は20・2%、05年は15・1%と年々減少。反面、パズルやトランプで遊ぶ子供は増えていて、「幼児の心理に悪影響を与える恐れがある」という指摘もあるテレビゲームを保護者が規制している実態がうかがえる。また、最もよく遊ぶ相手は「母親」で、一緒に公園の遊具や砂場で外遊びをするなど、母子そろって活動する傾向が強まっている。

 調査を企画した無藤隆・白梅学園大学長(発達心理学)は、「家族の子供の数が減り、保護者が子供をより大切に育てるようになっているのではないか」と分析。反面、「母子が密着し過ぎれば、子供が友達と遊ぶ機会が減って人間関係が狭くなる恐れがある」と、注意を呼びかけている。





  1. 2005/10/10(月) 17:22:51|
  2. 子ども
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。