家族心理.com 気になるNEWS
家族心理.comに関連して家族や育児など気になるニュースを掲載してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<児童虐待>相談件数が過去最多3万7343件 06年度

<児童虐待>相談件数が過去最多3万7343件 06年度
7月11日15時3分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000064-mai-soci

全国の児童相談所が相談を受け対応した児童虐待件数が06年度、過去最多の3万7343件(速報値)に上ったことが、厚生労働省のまとめで分かった。前年度より2871件多く、03年度(2万6569件)からの3年間で1万件以上増えた。秋田や京都など、虐待死や児童殺害事件があった地域の増加が目立っている。
 児童虐待の対応件数は90年度の統計開始以来、増加の一途をたどっている。05年度から児童福祉法の改定で市町村も虐待相談に応じるようになり窓口は分散されたが、主に都道府県が所管する児童相談所の対応は全体として減っていない。
 都道府県別で急増したのは、親が食事を与えず子供を死なせる事件があった京都府(前年度比72%増)や福島県(59%増)、母親が子供を殺害する事件が2件続いた秋田県(40%増)など。一方、鹿児島県(42%減)、鳥取県(24%減)など減少に転じた地域もあるが、厚労省は「市町村が対応を強化し、児相に頼らず解決する事例が増えたため」とみている。
 一方、児童相談所に配置される児童福祉司の数は、地方交付税の基準見直しで増員しやすくなったのを受け、今年4月現在で前年より124人多い2263人になった。今年度から始まった虐待早期発見を目的とする生後4カ月までの全戸訪問(こんにちは赤ちゃん事業)は全国で68%の市区町村が取り組み、厚労省は「初年度にしては高い実施率」と評価している。【清水健二】

最終更新:7月11日15時5分

スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/07/11(水) 19:29:42|
  2. 子育て・教育
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazokunews.blog103.fc2.com/tb.php/24-be71b428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

児童相談

悩み事相談というと、誰にするかというのが問題になりますね。悩み事の相談は、多くの場合は家族や友人といった身近な人にするのでしょうが、内容によってはそれができない場合も多々あります。特に身近な人が悩み事の原因になっている場合などは、第三者的な人に相談する方
  1. 2007/07/14(土) 13:14:37 |
  2. 児童相談 サービスについて

相談 件数で悩み解決

「悩み相談窓口」 あなたの悩みを解決します。法律相談:「クレサラ」対応、日曜も−−札幌弁護士会 /北海道事前予約が必要で、月〜金曜の午前10時〜午後4時、電話(011・896・8373)で
  1. 2007/07/15(日) 13:16:55 |
  2. 悩み相談窓口

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。