家族心理.com 気になるNEWS
家族心理.comに関連して家族や育児など気になるニュースを掲載してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東大 女性研究者の育児支える、学内保育園

東大 女性研究者の育児支える、学内保育園
(2008年5月16日 読売新聞)

「安心して研究に打ち込める」と学生にも好評な東大本郷けやき保育園 東京大が先月14日、本郷キャンパスに開設した「東大本郷けやき保育園」が女性研究者の注目を集めている。

 保育料や保育時間が学生でも利用しやすいように設定されているためだ。他の大学からも問い合わせが寄せられており、「育児」と「研究」の両立を支援しようという試みは、さらに広がる可能性もある。

 本郷けやき保育園は東大の全学部の教職員と学生が利用でき、3歳未満の乳幼児が対象。定員は30人で保育時間は平日の朝から夕方までの10時間が基本だが、夜9時まで延長できる。

 月額保育料は年収800万円超が5万6000円~5万円で、800万円以下は4万円、600万円以下は3万円、100万以下は無料になる。現在は21世帯が利用しており、このうち東大博士課程在籍の女性と他大学の博士課程の男性夫婦は、世帯収入が100万円以下なので保育料は無料だという。

 これまで東大が直営で運営していた二つの保育園は医学部付属病院の教職員と医科学研究所の教職員・学生しか利用できなかった。

 しかし、他学部の教職員の間でも保育園のニーズが高いことや、“研究者の卵”である学生が研究に集中できる環境を整える必要があることから、今回の保育園の設置が決まった。今年12月にも、30人規模の保育園を駒場キャンパスと柏キャンパスに開園する。

 この保育園の運営を委託されている保育サービス大手「ポピンズコーポレーション」(東京都渋谷区)には今年だけで関東圏の複数の大学から問い合わせがあり、東大男女共同参画室の村島幸代室長は「もはや女性が育児か研究かを選択する時代ではない。母親としても研究者としても人生を充実させてほしい」と期待を寄せる。

 熊本大の八幡彩子准教授が昨年2月、全国87の国立大を対象に実施した調査でも、回答のあった76大学のうち、35大学が予定を含めて42の学内保育園を設けており、うち20施設は2000年代に入ってからの設置だった。「女性研究者を支援しようという動きが活発になってきた」。八幡准教授もそう話している。(渡辺光彦)
スポンサーサイト


  1. 2008/06/11(水) 19:18:07|
  2. 子育て・教育
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazokunews.blog103.fc2.com/tb.php/35-4afd44c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。