家族心理.com 気になるNEWS
家族心理.comに関連して家族や育児など気になるニュースを掲載してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出生率1・34、2年連続上昇…30代後半の出産増える

出生率1・34、2年連続上昇…30代後半の出産増える
読売新聞(06月05日)

 厚生労働省は4日、2007年の人口動態統計(概数)を発表した。合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産む子供の数に近い推計値)は1・34と前年より0・02ポイント改善し、過去最低の1・26を記録した05年から、2年連続で上昇した。

 生まれた子供の数である「出生数」は前年より約3000人減り、6年ぶりに増加に転じた前年から再び減少した。厚労省は「合計特殊出生率は回復しても、出産世代の女性が減り、出生数を押し下げた」としている。

 07年の出生数は108万9745人で、前年比2929人減の微減となった。20代の出産が前年に比べて減ったのに対し、30代後半の出産が増え、人口の多い30代半ばの団塊ジュニアの出産意欲が高いことなどが、出生数を下支えした。

 また、第1子、第2子の出産が前年より減ったものの、第3子以上の出産は2年連続で増加した。

 死亡数は前年比2万3830人増の110万8280人で、5年連続で100万人台となった。このうち、自殺による死亡数は3万777人で、2年ぶりに3万人を超えた。

 出生数と死亡数の差である自然増加数は1万8535人のマイナスで、前年は増加に転じた日本の人口は再び「自然減」となった。死亡数は今後も伸びる見通しで、人口の減少傾向が続くという。

 婚姻件数は、前年より1万1170組減の71万9801組で、再び減少に転じた。平均初婚年齢は男性30・1歳、女性28・3歳で、ともに0・1歳ずつ上昇し、晩婚化が進行している。
スポンサーサイト


  1. 2008/06/05(木) 15:34:11|
  2. 結婚・出産
  3. | トラックバック:1

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazokunews.blog103.fc2.com/tb.php/37-9298ed40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2011/06/01(水) 22:33:12 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。