家族心理.com 気になるNEWS
家族心理.comに関連して家族や育児など気になるニュースを掲載してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<注意欠陥多動性障害>「克服できる」と思う親は欧米の半分

<注意欠陥多動性障害>「克服できる」と思う親は欧米の半分 yahoo.ニュース
2007年05月9日

 ADHD(注意欠陥多動性障害)の子供を持つ親のうち「治療で障害を克服できる」と思っている割合が、日本では欧米の半分以下の24%にとどまることが、製薬会社「日本イーライリリー」の調査で分かった。日常的にストレスを感じている親も欧米より10ポイント高い82%に上り、専門家は「診断できる医師の絶対数が少なく、社会のケア不足が家族の不安を強くしている」と分析している。ADHDは発達障害の一種で、気が散りやすい、多弁、衝動的行動などの特徴がある。小中学校1学級に1人程度の割合との推定データもある。
 同社が04~07年に欧米と豪州、日本の家族約1000人に行った調査では「治療でADHDが克服できると思う」が全体50%に対し日本は24%、「治療が子供の症状をよくコントロールしている」が全体41%に対し日本20%と、いずれも地域別で最低だった。調査を監修した北海道大学大学院の田中康雄教授(精神神経科学)は「教育現場や地域の理解のなさが、親を孤立させ、希望を失わせている」と訴えている。【清水健二】



スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/05/09(水) 23:55:37|
  2. 子育て・教育
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazokunews.blog103.fc2.com/tb.php/8-c43a0cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心にタッピング EFTエネルギー療法―思いや

私は長年悩まされていた慢性の肩こりと肩胛骨や肋骨の痛み等がEFTのセッションを受けて解消しました。EFTの生みの親であるゲアリー・クレーグは常にEFTを「すべてのものに試してみましょう」と仰っていますが、ストレス、恐怖症、心の傷、事故の後遺症、アレルギ...
  1. 2008/01/07(月) 07:16:10 |
  2. 精神神経科学の日

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。