家族心理.com 気になるNEWS
家族心理.comに関連して家族や育児など気になるニュースを掲載してます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LDやADHDの支援 幼稚園・高校、整備遅れる

LDやADHDの支援 幼稚園・高校、整備遅れる
asahi.com 2007年05月14日
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200705140095.html

文部科学省は、軽度発達障害のある児童・生徒らへの公立学校の支援体制の整備状況をまとめた。小中学校では前年よりも進んだが、初めて調べた幼稚園と高校では遅れているうえ、自治体によって取り組みに大きな差があった。

 軽度発達障害には、LD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)、高機能自閉症が含まれる。こうした子どもの実態をつかみ支援方法を考える組織を置いている学校は、小学校が96%、中学校が95%と9割を超えたが、幼稚園は33%、高校は25%にとどまった。

 都道府県・指定市別でみると、幼稚園では、札幌と川崎の2市が100%だったのに対し、栃木県と、さいたま、広島の2市は0。高校では、福島、徳島、佐賀の3県と福岡市が100%だったが、札幌、さいたま、千葉、横浜、静岡、名古屋、堺、北九州の8市は0だった。

 関係者や保護者との連絡調整をする教員を指名している学校も、小、中が9割を超える一方で、幼稚園では29%、高校は19%にとどまった。特別支援教育に関する研修を受講済みの教員の割合は今回初めて調べたが、幼稚園56%、小学校50%、中学校36%、高校15%とバラツキがあった。

 文科省特別支援教育課は「高校は入試を経ているので、多くの教員が『障害がある生徒は少ない』と考えているようだ」と分析している。


スポンサーサイト


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2007/05/14(月) 23:58:52|
  2. 子育て・教育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kazokunews.blog103.fc2.com/tb.php/9-555d4560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。